合同会社おもてなし創造カンパニー

お問合せはこちら

執筆書籍

「まんがハーバードが絶賛した新幹線清掃チームのやる気革命」

「まんがハーバードが絶賛した新幹線清掃チームのやる気革命」

まんが:久間月 慧太郎
発売日:2017/05/02
出版社:宝島社

 「組織」は人によって成り立っています。 そのことに企業や管理する側が気付かず、「管理」と「コントロール」に頼ったマネジメントを行っていては スタッフの仕事への意欲も愛情も生まれません。 スタッフ一人ひとりに自分が大切な役割を担っていることを実感してもらい、仕事への「誇り」を持ってもらうこと ―それこそが私がテッセイで目指したマネジメントです。 本書では私がテッセイで行ってきた小さな試みの数々を久間月 慧太郎先生のすてきなまんがとともに紹介しています。

まんがの主人公・清水希(しみず のぞみ)さんの中に生まれる仕事への「意識の変化」と「誇り」を 是非ストーリーを通じて一緒に体験してください。

「リーダーは夢を語りなさい」

「リーダーは夢を語りなさい」

出版社:PHPビジネス新書
(詳細はこちらからどうぞ)

 問題が起きたら、悠長なことを言っている暇はないのです。 同じシステム、同じ環境、同じ仕組みのなかでは、同じ事故、 同じミス、同じクレームが繰り返されます。鉄道事故で家族を亡くされた方に、 「ルールを守ることを徹底します」などという対策を、面と向かって言えるでしょうか? 一方、社員にとっても、「ルールを徹底しろ」「マニュアル以外の余計なことはするな」 などと言っていたら、やる気が生まれるでしょうか?
 ――社員の自発性を引き出しながら現場を変えるために、著者は何を言い、どう行動したのか。本書で明かします。

「奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り」

「奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り」

出版社:あさ出版
(詳細はこちらからどうぞ)

 最初は仕事に何の希望も持ち合わせていなかったようなスタッフの多くは、 テッセイで劇的に変化しました。私が変えたのではありません。 彼ら彼女らがもともと持ち合わせていた仕事に対する自分の思いを率直に語り、実践し始めたのです。
 テッセイを「奇跡の職場」と呼んでいただいたことがありますが、それもすべて現場のスタッフの力です。 その姿には、どんな仕事にも共通する本質が隠されているようにも思います。
 本書を通じ、何かを感じていただければ幸いです。

▲PAGE TOP